kg_noguの愚痴日記

アラfi親爺が日々の愚痴を綴るブログです。だいたい日韓関係とか。最近はコロナ情報がメイン

古い新聞を読んでいます ――

ネット全盛の時代であります。
私も、ニュースはネットで拾ってきてチェックしているのですが、
それと一緒に新聞も見てます。
いちおう、朝刊を一紙だけ毎日届けて貰っています。
で、
それを、すぐには読まないで、
1週間あととか2週間あとに読んでいます。
なんか、
壮大な無駄をしているようにも見えますが。
たまに家に遊びに来る親とかにも、よくそう言われますけど。
でもね、
その場で読むと、けっこういらない情報が多いのですよ。
例えば、
為替の動向予想とか。
政局の見通しとか、
株式相場の見通し、とか。
事件の行方、とか。
私としては、
リアルタイムの情報を追いかけるならネットで事足りるので、
総括、というか。
まとめの解説を新聞に求めているのです。
で、
それを読むにはどうしたらいいのか、と考えて、
いろいろ試してみて、
少し時間をおいて読んでみると、それなりに役に立つ、ということがわかりました。
というのも、
政局でも相場でも事件でも、
1週間なり2週間も経つと、
それなりに概要がハッキリしてくるのですね。
そこで過去の新聞を引き出して、
現実と読み比べていくと、
「これは間違い」「これは的外れ」「こっちの方向の予想があたり」「この解説の流れのとおり」とか、
必要な情報といらない情報がけっこう振り分けしやすいのです。
それで、
今現実に起きているのは、こういう流れなのか、と理解する助けになるのですね。
結果を見て、原因を過去の記事から拾い読みする。という形でしょうか。
そんな風に、役に立ちそうな情報だけを拾い読みする。
という、
今はもっぱらそんな風にして新聞を読んでます。