kg_noguの愚痴日記

アラfi親爺が日々の愚痴を綴るブログです。だいたい日韓関係とかに。

いつものアレ ―― ユニクロCM、韓国で取り下げ 慰安婦暗示・歴史修正と猛反発受け

最近、
韓国でユニクロのCMが盛大に炎上したそうで。
ちょっと気になっていたのですけども。
韓国メディアの流す情報は、
狂気の文オジサン大統領に忖度して。
この手の事案については、
思いっきりバイアスが掛かっていて信用に足りませんし。
かといって、
日本のメディアは『反日親韓』一色で、
この件についてはまったく取り上げてませんし。
さて、
どこから信頼に足る情報を引っ張ってこようかなぁ。
と難儀していたところ。
フランスメディアの日本語版に、
適当な記事が掲載されたので。ブックマークを貼ってみました。

>「ユニクロの行い全てに日本企業として政治的な意味がある」
>「どうすれば慰安婦と関連付けられるのか分からない」
>「神経質すぎる」

とかまあ、記事に書かれているのですが。
三者的な意見、見方としては。
こんなところなのでしょう。
ただ、
事実は、
韓国が『神経質すぎる』反応を見せたのではなくて。
『嘘捏造でユニクロ謝罪と賠償を求めるユスリタカリ』行為ですが。
いつもの韓国文化が遺憾なく発揮されました。
実際、韓国で流されたCMには、
CM内では一切発言していない
『80年以上も前に起きたことなんて忘れたわ』という字幕が、
なぜか韓国スタッフの手によって付けられていて。
これが、
韓国人の目に留まったため、
ユニクロが謝罪を要求される。という……
ユニクロにしても、
『何故こうなった?』と首を傾げるしかない、事態になっています。
でもさ、
それはユニクロのディレクターの認識不足、というか。
韓国人とこの手のお仕事の経験がある人たちなら、
こういうリスクは予測できていたはずなんですけどね。
いや、
私は、
アニメ業界の仕事関連で、韓国のスタジオと何度かやり取りした経験ありますけど。
『仕様通りに物があがってこない』
ってのは、
韓国との仕事では日常茶飯事なんですよ。
かなり上のクラス、
トップレベルのスタジオ相手でも。
絶対に、
ノーチェックは駄目。
必ず、
どこか抜けている、というか。
こちらが出した仕様を無視した独自解釈で、
自分たちで仕事がやりやすいように勝手に作り替えている、
そういう部分があるのですよね。
ミス、とか。抜け、じゃなくて。
その場にあるべき物が無くて。
まったく無関係の物、作品とは関係ない物が描いてある。とか。
仕事の流れを考えても、
何故ここに描かれているのか理解できない。
そんな物が追加されていたり。
それで、
報告も連絡も相談も、一切無し。
上げてきた内容を見て、
『これは仕様と違うのでリテイク』を出すと、
『これで問題無い。リテイクなら別途料金を払え』とか言ってくる。
いや、お前。
設計図渡して、詳細な資料も付けて。
それで、
設計図通りの製作を頼んだのに。
勝手に設計図書き換えて、製作した物が問題ない……とかあり得ないでしょ。
問題だらけだよ。
とか、
理屈を解いても、韓国人は絶対に非を認めませんから。
まあ、
そういう相手には、二度と仕事を回さないので。
それで、
向こうも仕事が来なくなる、のには困って。
こちらの言い分を無視することはなくなりましたけど。
それでも、
『信頼』は出来ません。
『信頼』したら、
必ずしっぺ返しを喰らいます。
これは
アニメ業界の話ですけど。
他の業界でも、
結構有名な話です。
物作りの分野で似たような事例がゴロゴロしてます。
私が知っている範囲だけ言うのなら、
労働者の質は、
中国の方が上です。
中国の場合、
『ピンからキリ』まで。
一口で質と言っても、かなりというより天と地ほどの差があって。
下のレベルは全くお話にならないのですけど。
上のレベルは物凄い。
日本の職人、というか。
その道の一流プロでも舌を巻いてしまうレベル。で。
そういう人達とのコネを作れるかどうか……ってのが、
運命の分かれ道になるのですよね。
とにかく『コネ』がないと何も出来ない社会。お国柄です。
人の繋がりが超重要。
でも、
韓国の場合だと、
トップレベルの会社というか労働者を仕事相手に選んでも、
ダメ。
こちらの指示を無視して、勝手な仕事をして。
全体の流れをメチャクチャにする、という事例が、結構あります。
今でもあります。
絶対に任せられない。



で、
ユニクロのCMですけど。
私的には、
ユニクロやらかしちゃったなぁ』と。
たぶん、
ディレクターがきちんと最終チェック入れなかったのでしょう。
それじゃあ、失敗しますって。

 

 

www.afpbb.com 

【10月21日 AFP】衣料品ブランドのユニクロUniqlo)は21日、98歳の米ファッションアイコンが出演する新しいテレビコマーシャルについて、日本が朝鮮半島を植民地支配していた歴史を歪曲(わいきょく)するものだとの非難を受け、韓国での放映を停止したと発表した。
 ユニクロのフリースを宣伝するこのコマーシャルでは、ファッション通として知られる米国人女性アイリス・アプフェル(Iris Apfel)さん(98)が、85歳年下のデザイナー、ケリス・ロジャース(Kheris Rogers)さんと共演。会話の最後にロジャースさんが、自分と同年齢の頃はどんな服を着ていたか、アプフェルさんに尋ねる。
アプフェルさんは白髪に手をやり、「オーマイゴッド。そんな昔のことは忘れたわ」と無難な答えを返す。
 だが、ユニクロ韓国のスタッフが手掛けた韓国語の字幕は少し異なり、「80年以上も前に起きたことなんて忘れたわ」となっていた。
 80年前の1939年は、日本の朝鮮半島統治の後期に当たる。韓国では今も当時の日本の容赦ない統治への憤りが強く、このコマーシャルの字幕は国民の一部から猛烈な反発を招いた。
 韓国のポータルサイト最大手ネイバー(Naver)には、「歴史を忘れる国に未来はない。ユニクロがちゃかした80年前の出来事を忘れることなど、われわれにはできない」との投稿があり、ネイバー上では週末、「ユニクロ慰安婦」という検索用語がトレンドトップに上がった。21日には、韓国国内のユニクロ店舗前で抗議デモが行われた。
 韓国で186店舗を展開するユニクロは、字幕の文章と日本統治時代との関連性を否定する声明を発表。韓国語の字幕を変えたのは、アプフェルさんとロジャースさんの年齢差を強調し、宣伝対象のフリースが「全年齢向け」の商品だということをアピールするためだったと釈明した。
 AFPの取材に応じたユニクロ担当者は21日、「あの広告に、何かを暗示するような意図はかけらもない」と述べた上で、被害を最小限に抑えるためコマーシャルを取り下げたことを明かした。
 専門家は今回の騒動について、日韓の歴史が政治問題化する典型的なパターンだと指摘する。
 韓国の元外相で、高麗大学(Korea University)で教える金聖翰(キム・ソンハン、Kim Sung-han)教授は、「ユニクロの行い全てに日本企業として政治的な意味がある」とみなす「論理の飛躍」がみられるなど、コマーシャルへの反発は過剰反応だったと指摘。アプフェルさんのコメントを「どうすれば慰安婦と関連付けられるのか分からない」と述べ、「神経質すぎる」との見方を示した。