kg_noguの愚痴日記

アラfi親爺が日々の愚痴を綴るブログです。だいたい日韓関係とかに。

ついに ―― 韓国書物「反日種族主義」 敬意を表したい

日本版が発売されましたねぇ。
私は、
まだ読んでいないのですけど。
買おうかどうか迷っています。
とりあえず、
レビューをいくつか見て回って。
検討してからですねぇ。
というわけで、
発売記念の記事にブックマークを貼りました。



すでに
先行して発売されている『韓国版』の内容について
レビューが幾つか上がっているので。
日本語版と韓国版の内容比較についても
気になるのですが。
版元の公式アナウンスでは、
内容の変更はない、

なっているのですけどねぇ。
果たして、
翻訳のニュアンス問題ありますし。
ただ、
原本の筆者というか。
編者の李栄薫(イ・ヨンフン)氏は、
日本語がかなり出来るようですし。
これまでにも
それなりの数の著作が日本で出版されていて。
日本の学界、出版界とのパイプも太いようですので。
たぶん、
問題ないと思いますけども。



韓国版のレビューをいくつか見る限り、
日本の韓国ウォッチャーにとっては。
ほぼ常識。というか。
これまで
日本国内で散々語り尽くされてきた事実が、
大まかに纏められている。
程度の構成みたいですねぇ。
韓国で火病を起こしている『嫌韓本』テキストの集大成。
みたいな。
なので、
日本人にとっては。、
どこを切り取っても、
これまで教えられてきた歴史、
日本の近現代史の中で数ある説の中の一つ。
くらいの知識。
でも、
反日』教育にどっぷりつかって。
最近では、
あの『軍艦島』『徴用工』をモチーフにした、
歴史フィクション映画を
『これぞ史実! 歴史の真実!』と信じて疑わない、
韓国民には
天地がひっくり返るほどの衝撃だったのでしょう。
何せ、
映画の中で赴任先で反乱を起こし、
日本軍相手に大立ち回りを演じて。
それで
見事な脱出劇を成功させる、とか。
そんな
『とんでもフィクション映画』を歴史の真実、
と言い張って譲らない人達ですから。
実際、
この『反日種族主義』を書いた著者たちは、
そういう韓国内の発狂ブリを見て。

『いやいやいやいや!
 いくら反日いうても
 さすがにコレは事実無視が行きすぎでアカンやろ』

と。
無知がきわまりすぎて『白痴』にまで突き抜けてしまった
韓国民の有様を目の当たりにして。
このまま放置しておくと国が滅びてしまう。
と。
猛烈な危機感を抱いた事が、
執筆の原動力、だったようですから。
冗談みたいな話ですけども、
出版記念の何かのインタビュー記事で、
上に書いたような事を、
本当に述べているんですよねぇ。
学者としての、
良心に基づいて
放置できなかった。
のだとか。



まあ、
これについては。
韓国外に生活の場を移して、
外から韓国を眺めた人達が受けている
一種の『カルチャーショック』とも通じる話で。
韓国内と韓国外では、
韓国政府の発表すら異なる、
ダブルスタンダード……
いわゆる
韓国発の情報は全て『二枚舌』。
ってのは、
国外で生活している韓国民が認めている、
常識ですから。
そういう
『国民情緒』が行き着いた先が、
『嘘捏造で塗り固めたウリナラホルホル史観』
なわけで。
それを今更、
歴史を直視しましょう、とか。
出来るのか。と言うと。
期待薄いですよねぇ。
『いっぺん生まれ変わって心を入れ替える』でも
しないかぎりは無理でしょう。

 

 

 

www.sankei.com 

 韓国現政権の底なしの反日で迷走する日韓関係に、一筋の光明を見た気がしている。韓国でベストセラーとなった本「反日種族主義」に、遅まきながら敬意を表させていただきたい。自国内での批判を覚悟の上で事実と誠実に向き合う姿勢に対して、である。


反日史観を否定
 筆者は、朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領と親交を結んだ日本の保守の論客、福田恆存(つねあり)のことを思いもした。それについては後述する。
 同書は7月に出版されて日本でも話題になっていた。筆者はハングルを読めないので、日本語版が出るまで待たなければならなかった。
 編著者、李栄薫(イ・ヨンフン)氏のほか5氏の、24本(プロローグとエピローグを含む)の論文から成る。全編が韓国で流布している「反日史観」の否定であるといってよい。日本による土地や食料の収奪、労働者の強制動員、慰安婦強制連行、ことごとくが否定される。少し長くなるが、プロローグの李氏の文章を引いておこう。
 「朝鮮総督府が土地調査事業を通し全国の土地の四〇パーセントを国有地として奪った、という教科書の記述は、でたらめな作り話でした。植民地朝鮮の米を日本が収奪した、という教科書の主張は、無知の所産でした。日帝が戦時期に朝鮮人労務者として動員し奴隷にした、という主張は、悪意の捏造(ねつぞう)でした。嘘の行進は日本軍慰安婦問題に至り絶頂に達しました」
 このような本が、韓国内で反発を呼ばないわけがない。「親日清算」を唱える文在寅ムン・ジェイン)大統領一派には特にそうだっただろう。曺国(チョ・グク)前法相は「吐き気がする」とした。
 しかしこの本は韓国でベストセラーになった。そこに可能性を感じる。筆者は当欄で、韓国の良識的な保守派が声を上げてほしい、と書いてきた。保守であろうとなかろうと、韓国で反日史観の見直しが進み、広がりを見せようとしている。時間はかかるかもしれない。しかし日韓関係の修復が可能だとしたら、それが大きな手がかりとなるだろう。


■利用してはならない
 ただし日本人は反韓嫌韓といった次元で、日本を正当化する目的のみでこの本を利用してはならないと思う。それは書物にも執筆者にも失礼だろう。この本は、自国内での誹謗(ひぼう)を覚悟した上で、歴史の事実と向き合おうとする誠実な知的格闘の産物である。自国をよい国にしようという至情の発露である。積み重ねられた学問的知見に学べるものも多い。
 収奪や強制がなかったとしても、日本が韓国を併合したのは事実である。韓国で流布する反日史観、それと呼応するように日本で広がった自虐史観を排するのは大前提とする。その上で併合の明暗を事実に基づいて見るべきだろう。併合下の朝鮮半島で身内が痛々しい差別を受けたという人の声を、筆者は直接聞いたことがある。そうしたことをふまえた上で、日韓の良好な関係を築かねばならないと思う。