kg_noguの愚痴日記

アラfi親爺が日々の愚痴を綴るブログです。だいたい日韓関係とかに。

続報・北朝鮮の「クリスマスプレゼント」 ―― 非核化協議終了宣言の可能性も


私の興味関心第一位、
北朝鮮情勢について。
新たな情報が掲載されていたので。
ブックマークを付けてみました。



例の『クリスマスプレゼント』の件。
前の情報では、
北朝鮮
アメリカが贈るプレゼントをねだるだけ。
だったのですが。
この新しい情報では、
北朝鮮アメリカに向けてプレゼントを用意しているのだそうな。
その内容が
『絶交状』ですって。
果たして、
それはどうなんでしょうか?
私的には、
『眉唾』情報なのですが。
でも、
専門家が発表した内容ですし……って。
韓国専門家の情報発信では、
ちょっと、
いや信頼度がかなり低いですねぇ。
韓国人、って、
国際条約を一方的に破棄しても、
頭を下げればすぐに元に戻せる、とか。
勝手に延期出来るとか、
『とんでも理論』を振りかざす非常識世界観の中で
生きている人達ですから。
北朝鮮がやっている、
外交関係の
ギリギリを見極めた
瀬戸際外交』を理解するのは無理でしょう。



ミサイル実験を再開させた状況で、
一方的に対話の窓口を閉ざしてしまうと。
アメリカからの軍事圧力が
激化するのは明らかですから。
北朝鮮が、
そういったリスクの高い選択をするのか……
いやぁ、
北朝鮮は、
韓国よりもずっと賢いですからねぇ。
そういった、
『バクチ』的な選択はしないでしょう。
一方的な『中断』とか、
『無期延期』みたいな発表は
あるかもしれません、けどねぇ。



ただ、
この記事で取り上げられた研究機関に
北朝鮮が情報をリークしていて。
ここで発言させて、
アメリカ側の反応を見ている、とか。
日本メディアで言うところの、
『観測気球』。
今回の情報が
それである可能性があります。
記事では、
つい最近、訪韓しながら、
北朝鮮とはコンタクトを取らなかった、
アメリカ政府の要人
ビーガン米国務副長官の件も取り上げますし。
今回の情報は、
圧力をかけ続ける
アメリカに対する
北朝鮮の『ブラフ』という面もありそうです。

 

 

 

 

www.donga.com

 

北朝鮮が、年内の米朝対話の劇的な反転がない場合、今月下旬に開催する予定の労働党第5回全員会議で、米朝非核化協議の終了を宣言する可能性があると、国家情報院傘下の国策研究機関が指摘した。
国家安保戦略研究院は13日にザ・プラザソウルで、記者懇談会「2019年情勢評価と2020年展望」を開き、このように明らかにした。戦略研は、北朝鮮が予告した「クリスマスプレゼント」は軍事的挑発とは限らず、言葉の「爆弾」である可能性もあるとし、北朝鮮が対米関連の立場発表をするかどうか注目する必要があると強調した。キム・インテ責任研究員は、「昨年4月の党中央委第3回全員会議で『核実験・大陸間弾道ミサイルICBM)実験発射の中止』を発表したので、何の措置もなく(ICBMを)発射するには、対内的な要素も考慮して大義名分を作る可能性がある」とし、すぐに発射しない可能性もあると見通した。北朝鮮が当分の間は核活動の再開、ロケット実験場の補修など低強度の措置を取るというのが戦略研の説明だ。
ある研究院関係者は、「北朝鮮が、最近出したメッセージを基に、米国との非核化対話は止め、今後の交渉を核軍縮交渉に持っていこうとする可能性が高い」と説明した。
戦略研は15日、米国務副長官に指名されたビーガン氏の訪韓で、板門店(パンムンジョム)で米朝接触がなされる可能性があるが、展望は明るくないと語った。イ・スヒョン学術協力室長は、「北朝鮮は、米朝対話を先に壊そうとはしないが、米国の対話ジェスチャーを拒否するなら、北朝鮮の責任は大きくなる」とし、「米朝が会う可能性は高いが、会うからといって冷え込んだ米朝関係が反転することを期待するのは行き過ぎだ」と指摘した。
南北関係はしばらく足踏み状態が続くとみえる中、米朝関係の硬直時、南北間の軍事的緊張緩和に向けて電撃的な南北軍事当局者会談を提案する可能性も提起された。キム・イルギ責任研究員は、「祖国平和統一委員会(祖平統)の李善権(リ・ソングォン)委員長と金聖恵(キム・ソンヘ)統一戦線策略室長が来年登場しないだろうか」とし、新しい祖平統委員長の後任が来年4月頃に決まる可能性があると説明した。