kg_noguの愚痴日記

アラfi親爺が日々の愚痴を綴るブログです。だいたい日韓関係とか。最近はコロナ情報がメイン

中国政府の打倒の期待するのはマズイ ―― 中国 米紙記者3人の記者証取り消し 掲載コラムを非難

いや、これね。
中国ホルホル……ってのは論外だけど。
かといって、
中国政府を悪者にして
叩きまくって。
中国政府をぶち切れさせるもの
悪手なんですよ。



トランプ政権というか、
アメリカ政府首脳陣はそれを理解しているから、
正面からの批判を避けてますし。
その上で、
中国政府からこういうコメントが出てくる、
ってことは。
『もっとアメリカ国内を抑えろ。じゃないと、こっちも覚悟があるぞ』
って。
中国政府のメッセージですよね。



中国政府の
覚悟って何か。
そりゃあ、移動制限、渡航制限の解除ですわ。
中国国民に対して、
『もう好きにしろ。好きなところへ行ってしまえ』
って。
難民のごとく、
世界中に保菌者を送り出す。
という。
最終的に、
どうにもならなくなったら、
それやりますよ。
中国は。
日本、
アメリカ、
ヨーロッパなどの、
先進医療体制が整っている国を目指して、
ウィルスまみれかもしれない中国人が
船に乗って一気に押し寄せてくるわけです。
それで、
入港拒否されても、そのまま港沖に停泊し続けて。
さらに、
船内が困窮したら、
アメリカは非人道的な国だ!!』とか
アメリカは差別国家だ!!』
とか国際社会に向かって大手を振ってアピールするわけです。
そういう病気難民とも言える中国人を
万人単位で送り出して。
それを見殺しにした
アメリカ、ヨーロッパ、のエセ人道主義者たち。
という。
エグい手段を
やれるわけですよ。中国は。
最悪、
戦争に突入する展開ですけど。
そのままでも国が斃れるのなら、
戦争になろうが、同じ事。
中国は突っ走るでしょうよ。



これやられたら、
アメリカもヨーロッパもお手上げです。
何年か前にはやった、
難民キャラバンなんて、
比較にならない混乱と騒動になります。
いま、
中国政府が斃れる未来を願っている人達が、
ネット上にウヨウヨ居ますけどね。
そんな、
綺麗さっぱり進むワケないですから。
斃れるのなら死なば諸共で、
最悪、
世界大戦ですよ。
そういう展開になります、って。

 

 

 

www.sankei.com

 

 【北京=三塚聖平】中国外務省の耿爽報道官は19日の定例会見で、北京に駐在する米主要紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)の記者3人の記者証を取り消したことを明らかにした。同紙が掲載した新型肺炎に関するコラムを問題視した措置。同紙によると記者3人は5日以内に中国から退去するよう求められた。
 問題視されたのは「中国はアジアの真の病人」と題したコラムで、定期的に寄稿する外部識者が執筆。新型肺炎に対する中国当局の対応や中国経済への影響などについて論評している。
 耿氏は、コラムの内容について「中国政府と中国人民の疾病との戦いの努力を中傷するものだ」と反発。その上で、コラムの見出しについて「人種差別のニュアンスを帯びている」と強く非難し、「中国人民による極めて大きい憤慨と国際社会の幅広い非難を引き起こした」と述べた。
 耿氏は、中国側が何度も同紙に対して厳正な申し入れを行い、公開の場での正式な謝罪や責任者の処分などを求めたが、WSJ側は受け入れなかったと主張している。
 北京駐在の特派員らで組織する「駐華外国記者協会」(FCCC)は19日、WSJ記者に対する措置について「深い懸念と強い非難」を表明する声明を発表した。
 トランプ米政権は18日に中国の国営メディア5社を「中国共産党プロパガンダ(政治宣伝)機関」と認定したばかり。耿氏はこれに対し、「強烈な不満と断固とした反対を表明する」と強く反発した。