kg_noguの愚痴日記

アラfi親爺が日々の愚痴を綴るブログです。だいたい日韓関係とか。最近はコロナ情報がメイン

なかなか興味深い ―― 自衛隊オークション、最高値は66万円

先に予告的な広報がニュースとなっていた
自衛隊の廃棄品オークションが、
昨日
実施されたそうで。
場所は
東京・市谷の防衛省講堂内……だそうで。
記事中に
『講堂』と書かれていたので。
てっきり
『市ヶ谷記念館』の事か、
と思ってしまったのですけど。
そうではなくて、
市ヶ谷庁舎内にある講堂、ってことでした。
この辺は、
地名が『市谷』で建物名が『市ヶ谷庁舎』だったり。
とか、
けっこう紛らわしいのですよねぇ。



まあ、
それはそれとして。
この件、
昨夜と今朝と、
かなりニュースで取り上げられていて。
なかなか盛況だったようです。
とはいえ、
出品された品々は、
あくまで『日用品』の範疇に収まる品物ばかりですので。
金額的には
そこまで大騒ぎする程ではないのですけど。
落札額の最高額が
100万円を超えてませんし。
雰囲気的には、
『オークション』というより
『チャリティーバザー』と言うべきでしょうか。
それでも、
政府が
あらゆる手段を駆使して
資金調達の機会を広げよう、とする
その試みは
賞賛されるべき物だと思います。
こういう流れが、
他の省庁にも広がって
色々と
知恵を絞った出品が増えてくると
もっと
面白くなるのですけどねぇ。
どうかなぁ。



それと、
出品されたアイテムが
実際に使われていた場面の写真とか
添付されていたら。
もっと
盛り上がった、と思います。
たとえば、
操舵輪、だったら、
舵に
装着されていた状態での写真。
とか。
パイロット関連用品なら、
実際に
パイロットが装備して、
搭乗していた機体を背景にして
撮影した写真を添付する、
とか。
どんな場所で、
どんな風に使用されていたのか。
それを
補完してくれるイメージが
添えられていれば。
出品されたアイテムが内包している
ロマンを語ることが出来るので。
さらにさらに大いに盛り上がった、

思うのです。

 

 

 

www.asahi.com

 

自衛隊オークション、最高値は66万円 パイロットの…

 自衛隊で不要となった装備品の初のオークションが26日、東京・市谷の防衛省講堂であった。「厳しい財政下で財源確保を」と河野太郎防衛相の肝いりで開催。陸、海、空各自衛隊から武器など危険なものを除く21点が出品され、落札価格総額は581万8千円となった。
 コロナ禍で同省は都外在住者には参加自粛を呼びかけ、応募による抽選に当たった450人のうち176人が来場。競りの開始価格は5千円~3万円。最も高値がついたのはヘルメットなどの「パイロット関連用品セット」の66万円だった。
 落札価格の総額は開始価格の約33倍になったが、河野氏がめざす米国製最新鋭戦闘機F35の1機分(約100億円)は遠い。競りの司会もした河野氏は「今回いい値をつけていただき、自衛隊員の勤務環境改善に役立てられれば。(今後)どう売り上げを上げていくか、財務省と相談していきたい」と記者団に語った。(藤田直央)